旅行業務取扱管理者になろう!〔5〕目指せ!総合旅行業務取扱管理者・国家試験合格 > 合格するための3つのキーワード

本サイト一押しの旅行業務取扱管理者講座

旅行業務取扱管理者講座

無料で資料請求ができます。
いますぐ↑のリンクをクリックして資料請求してください。

合格するための3つのキーワード

スポンサードリンク

絶対に合格する。と覚悟して勉強されている方やこれから始める方への必勝法アドバイスです!

合格を目指すのであれば、3つのキーワードに沿った勉強法で学習することは理解を深めます。必勝法のためのキーワード・・・「答え」「理解」「経験」です。

3つのキーワードについて是非何かを感じ取ってください。

合格するための3つのキーワード

キーワードその1「あるがままに記憶する」「3つのポイントに答えを持っている」

先ほどの質問の答えをしっかり自分で探して、持っていること。つまり目標と動機が大切なのですね。そしてそのためにはあるがままに記憶することを受け入れることなのです。

すべては計画に基づいてスタートするのです。

キーワードその2「理解」

それぞれの試験科目の内容について、法律の専門家になる必要もないし、実際に実務に入れば全てが記憶として頭に入っていて残っている必要などありません。

理解していればいいだけのことです。理解とは分かるということですね。ここでいう「理解」は、内容を分かるだけでなく、旅行業で働いたときにどのようにその内容が実務とリンクするのか、どこで大切になってくるのかを頭の中で想定しながら、理解するということが大切なのです。

約款の契約がいつ・何処で大切なのかが理解できれば、内容を理解することなどさほど大変ではなくなるものだからです。

キーワードその3「経験」
受験する人の中には、すでに旅行業界で働いている人もいます。その人たちはある意味では優位に立っています。経験があるからです。

経験に必要な知識を加えることでさらに理解が深まるからです。それでは、経験のない人は優位ではないということでしょうか?

答えはNOです。

実務経験はなくても、実際に練習問題をたくさんこなし、自分の足と時間と労力を使って、情報や資料を収集する。それを実際の試験問題にのっている内容と照らし合わせてみる。

これが経験値として必ずその人の身になるのです。

スポンサードリンク

旅行業務取扱管理者になろう!:当サイトについて

  • 旅行業務取扱管理者になろう!は個人で運営しているサイトです。
  • サイト内で使われている画像は、管理人がデジカメで撮影したものです。
  • ご意見、ご質問はメールでお願いいたします。

スポンサードリンク

旅行業務取扱管理検索



旅行業界について学ぶ

旅行業界で働きたい

旅行業界で働く資格

旅行業法・標準旅行業約款の改正

当サイトについて

おすすめサイト

copyright(c) 2004-6 旅行業務取扱管理者になろう! All Rights Reserved.